乃木坂46の握手会に参加してきた話

若い頃はアイドルを追いかけるとか、自分のスタイルでないと思い込み、これまで関心ありませんでしたが、よくも悪くも、年とともにそんなこだわりもなくなってきた。

小5の長女に乃木坂46ブームが到来し、どうしても握手会に参加したい。という事で9月8日に開催された愛知県の会場に一緒に行ってきました。

f:id:mairosan:20190918223858j:image

親子で参加

結構レアな感じでした。1%もいないかな。親子で参加の場合は付き添いのみでも親の握手券も必要。

午前中にミニライブ。午後から握手会が標準のスケジュールが今のスタンダードのよう。

ミニライブ・握手会、それぞれに対して握手券が必要なので、両方参加であれば2×2で、4枚の握手券が必要です。

握手券はCD購入でついてくるのでCD約2,000円×4で約8,000円の費用がかかります。

ということで、今回はCD2枚購入。握手会のみの参加としました。

握手券の価値

会場内では握手券の枚数で、ファン同士グッズと交換できたり、紙幣のような扱いをされており、驚かされました。

握手券は1枚あたり3〜5秒の握手ができ(明確な決まりはないそう)枚数の分だけメンバーとコミュニケーションが取れる仕組みのようです。中には何十枚と1人で集める猛者もいます。

握手券の束を握りしめている姿、札束に見えてきます。

並ぶのは覚悟

斎藤飛鳥さんの列に並びましたが待ち時間は実に2時間半でした。場合によっては3時間以上待つこともあるそう。

下位のメンバーでも30分ほど待つようで会場は物凄い熱気となります。待っている間にメンバーの休憩時間もあり、慣れているファンは小さな椅子や敷物を準備していました。

非日常の体験

2時間半も並んで斎藤飛鳥の目の前までくるとファンの緊張がこちらにも伝わってきます。

メンバーはパーテーションの後ろに隠れていて、握手の時間どころか直接見られるのも数秒。だからこそ価値にプレミアム性を感じる。

でもやっぱり実物を間近で見るのは、凄かった。なんか、良い経験したと素直に思いました。

ロケーションよし

愛知県の会場はセントレア直結で出来たばかりのAichi Sky Expoという展示場で行われました。

僕が知る限りこの規模の展示場では一番新しくてオシャレ。快適です。

握手会なくともこのエリアでは十分一日遊べます。

セントレア

飲食店も多数あり、週末はイベントなどが行われます。飛行場が見られる温泉も有名。

コストコ

電車で一駅動くとあります。

イオン常滑

コストコすぐ近く。ここのイオンは特別で本格的なカートやアスレチックで遊べます。

めんたいパーク

イオンのとなり。近くに来たら必ず寄ります。ここで食べられる生めんたいこは、冷凍されていないめんたいこ。普段食べてるのはなんだったのか?と思うくらい、めちゃくちゃ美味しい。

職業柄、終始、5時間/5秒×40ブース×2,000円とか考えてしまったけど、そんなのなくても、満足感あるし、非日常の体験を与えて下さった

秋元康氏はスゴイと改めて思いました。

⬇︎色々考えて、買ったグッズはこれ

f:id:mairosan:20190918220923j:image

f:id:mairosan:20190918220928j:image

イメージしてたのより、女性ファン多く、オシャレな方も多く、スタッフも参加のファンの方も親切。

コアなファンでなくとも楽しめる内容でないかと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました