統計検定2級 重要用語集①

マーケティングなど、データ分析をするにあたり、基礎的な知識をつける、またはそれを証明するには統計検定2級の資格を取得するのが手っ取り早いとおもいます。資格取得にあたり重要用語をまとめます。

用語内容
算術平均対象とする集合のデータを足し合わせることによって基準となる値を算出テストの平均点
幾何平均対象とする集合のデータを相互に乗じて基準となる値が算出過去10年間の売上の平均増加率
調和平均対象とする集合のデータで別の値を除してから足し合わせることで基準となる値を算出往路と復路の全体での平均速度
トリム平均最小値付近のデータ、最大値付近のデータを除外して計算する平均値
歪度(わいど)分布が正規分布からどれだけ歪んでいるかを表す統計量左右対称性を示す指標
尖度(せんど)分布が正規分布からどれだけ逸脱しているかを表す統計量山の尖り度と裾の広がり度を示す指標
ローレンツ曲線「偏り=不均等さ」を表すための曲線各都道府県内にある映画館のスクリーン数など
ジニ係数完全平等線とローレンツ曲線との間の面積を2倍した値※0-1の範囲に収まる

コメント

タイトルとURLをコピーしました